建売り住宅を購入した人って、こちらが「ステキな家ですねー」と誉めてもなんだかうしろめたそうに、「いや、うち建売り住宅なんだけどねー」という傾向があると感じています。確かに世間的には、注文住宅こそ至高の住宅で、建売住宅の場合は致し方なく建売住宅にしたとかいう傾向があることは、否定しきれないところでしょう。けれども建売住宅だって、良いところはたくさんあるのですからね。まず、既に建っている住宅ですから「ここで暮らせばどんな暮らしになるのか」といったようなことがイメージしやすいのはメリットでしょう。また、逆にいえば「いろいろ決めなくて良い」というところも、建売住宅のメリットであると感じています。これって結構重要ですよ。だって注文住宅で家を建てると、本当に気力体力すべてを吸い尽くされるような感覚になるほどですからね。それだけ「選び疲れ」をするということです。しかし建売住宅の場合、最初から全部決められていますので楽チンなのです。それに何より価格が安めなところは魅力でしょう。ですから人によっては建売住宅の方が向いていることもあるのです。