鍵の受け渡し前に自分たちでの住宅のチェックは必要です

「家の受け渡し」を行う前に、たいてい「家のチェック」を行います。建売住宅を購入した際もそうですし、注文住宅で一戸建て住宅を建てた場合でも、正式に「鍵の受け渡し」を行う際には、事前に「家のチェック」を行うものです。設計士さん立会いの元で、注文住宅を建ててくれた建設会社の担当者と一緒にチェックしていくこともあります。また、建売住宅の場合ですと、仲介の不動産会社ないしハウスメーカーの人と一緒に、ひとつひとつチェックしていくこともあります。けれども、できることならば第三者と一緒に「家のチェック」を行う前に、できることならば実際に生活をする自分たち家族で、時間も無制限にして「家のチェック」を行っておくのがいいでしょう。なぜなら、細かいところにまで気がつくことができるからです。だって実際に生活を始めてからでは、「もう遅い」ということにもなりかねませんからね。頼めばやってくれるとはいえ、結局自分たちが頼むのが面倒くさくなってしまって、直さないままになることもよくある話ですから。それに「接着剤が床や壁や設備についた跡」なども結構あったりしますからね。こういったものをちゃんと取ってもらうためにも、前もって問題箇所がわかっておいた方がいいのです。ですからじっくりゆっくりチェックする時間を設けておいた方がいいでしょう。私は土岐市で新築しました。